FC2ブログ
 

雲の五線譜

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「KING OF PRISM SUPER LIVE MUSIC READY SPARKING!」

2017年10月21日幕張イベントで行われたキンプリのライブイベントに昼は現地、夜はライビュでした。
ライブ自体は「Animelo Summer Live 2017」の2日目に出演してるメンバーたちですが、単独では初のライブイベントですね。
煌めきに満ちた作品らしいとてもいいライブでした。

昼夜同じ構成で、細かいところを除けばオバレの映像が違うくらいでした。
記憶違いもあるかもですが、現地だった昼中心に。


「BOY MEETS GIRL」
何歌うかな~エデロ7人の曲はもちろん、ソロは歌うでしょ。デュエットは…オバレいないメンバーはきついかな?
って思ってた1発目にはい。コレ。やられましたwキンプリ(プリリズ)にはこの曲がありました。
ほんとやられたな~ってのと同時にライブ開幕に相応しい曲だなと
※「BOY MEETS GIRL」はキンプリ作中でも歌われてますが、RLのOPでもありました。

凄い衣装が進化してる!?

アニサマは行ってないんですが、公式レポなどで写真はいくつか拝見してて…よりキャラクターに寄せたものになっていたなって感じました。
衣装への驚きはこの後の楽曲でもあるので序の口なんですけどね(笑)。


「Zeus~俺は最強スター~」
ソロトップバッターはゼウスことユウくん。
個人的にはMマスライブ(2ndライブBD感想)で何回か見させて貰って、パフォーマンスの素晴らしさは知ってるつもりだったんですが、Mマスの薫先生は内に秘めた情熱を内田くんがライブで体現してた印象で、今回はまた別のベクトルのパワフルなパフォーマンスを見させて貰いました。
アリーナのステージ構成が正面ステージからABCの順、ABは真ん中に花道が作られてて、横に1~5っていう

 ス  テ  ー  ジ
A1 A2|花|A4 A5
B1 B2|道|B4 B5
C1 C2 C3  C4 C5
D1   機  材  D5
※Dはおそらく機材開放席。
※あくまでこんな感じって感じです。

こういう構成で、昼の現地がC3よりのC2ブロックにいたので、アリーナの演出が良く見えて、この曲で一気にメインステージから一気に駆け抜けてくる部分があって

わぁ全力!!

ってなりました(笑)。
ほぼ正面で、猛スピードでこっちにかけてくるのでw


「桃色MAXジャンプ!」
2番目はレオくん。
ながにゃんも内田くんと同じくMマスでパフォーマンスを見てる一人ですが、役柄が全然違うのですごく新鮮でしたw
レオの声でこの曲を歌いきるながにゃん凄すぎる…!
レオのメイクが女性メイクだった?みたいなのがレポとか見てて、ほんと可愛かった!
振りも可愛かったし。
ただ、キャスト用のステージモニタに映る歌詞を見る視線があまりにも正面!モニタ!正面!モニタ!ってやってたので、途中から面白くなってしまって…(笑)。

カンペ見るの下手だなw

他のメンバーもステージモニタの歌詞は見てたんですが、他が振りで視線動かした時とかチラって感じなのにながにゃんはあまりに規則的に見てたので分かりやすくて可愛かったですw
断って置きたいのは一番悲しいのは生歌じゃないことなので、歌詞を見るってことは歌ってるってことだし、キャラ声で踊りまでやってキャラクターを体現してるのに歌詞覚えろとは思ってないのであくまで可愛いエピソードです!
ソロでほぼスクリーンモニタにながにゃんしか抜かれないから、わかりやすかったっていうのがあるかもw


「Home sweet Home」
花道から登場。今回花道を使った演出多くて、この曲もそうでした。
途中料理を作る振りがあって、それがほんとにミナトさんで…近くで見れて素敵でした。
五十嵐さんってトークが暴走気味ですけど、ミナトをやってる時、歌ってる時の声ってほんと優しくて…。

会場が暖かな空気に包まれてまれた

ほんわか。


「Groovin’ Chara-Emo Night」
メインステージは階段があって上下2弾になってたんですが、一番上からDJブースと共に登場してww
そして、今まで歌ったメンバーはバックダンサー二人だったのにバックダンサーが4人してwww
流石wwwってなって、すごいチャラかったー!(笑)。
Mマスで八代くんは担当キャラのCVやってるんですが、その子は穏やかでほんわかしたキャラクターなのでギャップがww
ながにゃんとはまた違った意味で新鮮でしたw

チャラエモって歌えるんだね?

ソロ歌うだろうけど、チャラエモって生で歌えるのかな?って思ってたんですが、歌えました!
八代くんメガネかけててほんとカケル…。


「レジェンド・ワールド」
「チャラチャラしてんじゃねーよ!」のセリフと共にメインステージ右側から登場。
この辺りでCD順と逆に歌ってるんだなーって気づいたんですが、会場もそんな感じなのをライトの切り替えで察知(笑)。

畠中くん歌上手すぎじゃない!?

畠中くん歌が!上手い!
この曲初めて聞いた時、ストリートに拘るタイガにしては爽やかだなーって思ったんですが、熱いステージだったなと。


「アゲハ蝶、夢舞い恋しぐれ」
衣装で一番驚いたのはこの曲で、着物と扇子で出て来たユキ様!
ユキ様も女子向けメイクだったね~みたいなのをレポ漁ってた時見たんですが、斉藤くん可愛い顔してるな~って思っても女性っぽいなぁって思ったことなくて、でもこの曲は女性っぽさと男性っぽさが瞬間瞬間であって見とれちゃいました。
扇子使いも優雅だった!

花道に花吹雪まで降らせて、流石ユキ様!

ってなりましたw
この後、花吹雪掃除お兄さんが花吹雪掃除してた(笑)。ありがとう!スタッフ。


「Sweet Sweet Sweet」
シンくんのソロって作中で歌ってる元々オバレの曲である「Over the Sunshine!」のイメージが強くて…印象としてはそっちの方に引っ張られてしまってたんですが、

こんな真っすぐでな歌声と想いの詰まった名曲

だったんだなって寺島くんの歌声で気づかされました。
寺島くんもMマスの印象が強くて(今回Mマスにも出てるのは寺島くん、八代くん、内田くん、永塚くんで、唯一Mマス現場で生で見たことないのが寺島くん)…Mマスのキャラは肉体派ユニットのキャラなのですが、このステージにはシンくんしかいませんでした。


「EZ DO DANCE」
武内くんが出るって発表された時点で、絶対歌うことがわかってたこの曲。

キンプラのアレクダンスを完コピしてる!!

武内くんが歌が上手くてパフォーマンスが良いのは、コルダのイベント(昨年の星奏5、今年の星奏6)で分かってたんですが、予想の遥か上を行くパフォーマンス!最高でした!!
ここで、残念ながら花道の残りの花吹雪を再びお兄さんが掃除してたので、昼の現地で一緒にいた『空夢ノート+』のりるさんは見えなかったみたいで…残念…。
私も少し見えない部分があったので、夜のライビュで夢じゃなかったんだなーって確認したんですけどね(笑)。
そして、もちろん

タイガ乱入!アレクVSタイガ!!

これも予想はしてたんですが、武内くんこの曲だけだしなーって思ってたら、キンプラよろしくやってくれました!
さすがキンプリ期待を裏切らない!!
二人とも歌が上手いのでまさにVSでした。
私はペンラをタイガ乱入でアレクの紫からタイガの緑にしたんですが、会場は半々とか複数持ちで両方とかでしたね。


「LOVE♥MIX」
アレクの「シュワルツからの刺客」という振りで花道の奈落から

高田馬場ジョージのゴーストシンガー役小林くんがシクレ登場!

花道で正面向いてのステージだったので、ほんとアリーナCとか正面のスタンドが見やすい演出だったので、座席大勝利!
オバレの3人が他のイベント、蒼井くんが大阪でライブってことで来れないことが分かってたので、シクレで来ないかなーって思ってたので嬉しかったですw
ダンサー4人とかけっこして、勝利の喜ぶする振りがまさにジョージでしたw


「恋のロイヤルストレートフラッシュ」
曲がかかって、Theシャッフル残りの4人が花道の階段(花道サイドに下に降りる階段両横があっって、客席とは仕切られてます)から登場したメンバーに

???シャッフル???来るって聞いてないけど???
※シークレットだから当たり前です


ってなって、1番びっくりしたシーンだった。
ダンサーさんの衣装が白で、シャッフルも白基調だったので、ダンサー4人からシャッフル残り4人が出てきて最初何が起こったのか分からなくて…ジョージは予想してたけど、シャッフルは予想外でした。

ほんと、キンプリ…恐ろしい子…!

この曲も好きなので聞けて嬉しかったー!
振りが!!可愛い!!!
橋本さんてあんスタのイベントBDで見た時は、暗めで硬いイメージだったんですが、あざとくて…ツルギだった…びっくりした…。

※見たイベントBDはこれですが、『あんスタ』の声優が朗読とゲームしてるのを見る所謂普通の作品イベです。歌ないです。


~オバレVTRメッセージ~
もうカオスだったことしか記憶が…確か、昼は「ハリウッドで行けない」夜は「CMの仕事で行けない」ってヒロ(CVまえぬ)が言って、それをカヅキ(CV増田くん)が「すげー昼と夜で仕事が違う!」とか言ったのにクスってなったような…(笑)。
7月のオバレ舞台挨拶の時に撮ったVTRらしく3か月前って結構前だな~って思いました。
あと、夜はモザイクかけてたww3人のトークもカオスだったけど、スタッフも大概だな!
作品イベのかっきーのトークって若干適当だなって思うんですが、今回は3人ともゆるーくトークしてたなと(笑)。


「NEO STREET STREAM」
VTRを受けて、カヅキタイガのデュエットをタイガ一人で。
この曲の掛け合い好きなので、いつか二人で歌えるといいなぁ。タイガの為にも!
オバレとデュエット歌ったタイガ、ユウ、ミナト3人に言えることだけどね。


「Delicious Essence」
この曲もミナト一人で。
メインステージにテーブルと食器が用意されて、ミュージカルショーを見てるようだった~五十嵐さんは舞台もミナト役で出るのでとても期待が高まりました。
置物小道具使ったのは、カケルソロとこの曲だけだったと思うんですが、曲に合った良い演出。
考えたスタッフの愛が詰まってるなって感じました。


「サマースカイ・モノローグ」
ソロではパワフルに歌い上げた内田くんですが、ヒロとのデュエット曲を花道でしっとりマイクスタンドで歌い上げてました。
一人だから紫振ってたんですが、私はこの曲、二人がべるを想って歌う曲だと思ってるので赤(=べる)振ればよかったなぁって、この文章考えつつ思いました。
デュエットだとこの曲が1番好きなんですが…良い曲ですね!


「異体同心RESPECT!」
美しさと可愛さの暴力だった。
二人の異体同心で手を合わせる二人をじっと見つめてしまったw
コールも楽しかった~。


「VI VA VACANCES!」
デュエットラストはこの曲!タオル曲でした!!
首に花をかけてて、アゲアゲでとても楽しいナンバーでした。
凄い跳ねてしまったw


「Vivi℃ Heart Session!」
エデロを全員呼んで、並び順がなんで内田くんセンター?って思ったんですけど、ゼウスが作った設定でしたね。
「レディースパーキンッ!」って順番で言うところでは、直前で右からシン、ユキ様~って並び直してました。
ここのセリフが、昼は映画と同じで、夜は幕張ver.でした。
この曲で「レディースパーキンッ!」言うために来たみたいなとこあるので、叫べて嬉しかったし、楽しかったです!
みんなでーいっしょにー

「レディースパーキンッ!」


~宣伝~
会場グッズやら、舞台やらと一緒にキンプラの円盤発売が発表されました!
【Amazon.co.jp限定】劇場版KING OF PRISM -PRIDE the HERO-速水ヒロ プリズムキング王位戴冠記念BOX *Blu-ray Disc
「速水ヒロプリズムキング王位戴冠記念BOX」「初回生産特装版」「通常版」で、ライブ後に調べたら王位戴冠記念BOXが約2万でwたっかい!ってなったんですが、考えて見たら私『キンプラ』10回見てる(内4回は舞台挨拶、1回は4DX)上に1回友達に一緒に見てって言って映画代奢ったんですよね(笑)。
なので、『キンプラ』っていう1作品で2万円以上払ってるし、特典見たら全然安いな…って。
何より昨年のオバレイベがこのBOXにしか付かないので…このイベント現地で見て、RL女子のコメントと新作発表(=キンプラ)からのオバレ「アスコア」歌唱がほんと良くて…。もう映像化しないと思ってたので、ほんと嬉しい…買います!


「ドラマチックLOVE」
「レディースパーキンッ!」言うために来たって言いましたけど、この曲はそういうんじゃないですね。

エデロ生がこの曲を歌うためにこのライブはあった

キンプリって作品は「ドLOVE」なしには語れないな~ってくらい名曲だし、私も大好きな曲です。
とても胸が締め付けられる曲だし、私にキンプリって作品をドLOVEをプリリズRLを教えてくれてありがとー!ってこの曲を聴いて改めて思いました。


~アンコール~「Over the Sunshine!」
シンくんソロ登場からエデロ、最後にアレクとシャフルも一緒に歌ってたの良かったです。
花道を歩くエデロで奈落からアレク登場したのはちょっと笑ったw
花道でみんなで円になって歌う姿良かったなー花道演出多くて、ほんといい席だった!


最後の挨拶は皆良くて…このライブが円盤化されても夜しか収録されないんだろうなぁって思うんですが、昼の内田くんの「どしゃぶりハッピー」(夜は「クロスロード」※RLファンに嬉しいファンサコメントだったなって)や八代くんの昼は失敗した真面目トーンに\(エリートたち)カズオ―/からの「カズオじゃないカケル」が成功した流れ見たいので昼も見たいなぁ…まぁまずは円盤化するって発表して欲しいんですけど(笑)。
してくださいね!エイベックス様!
とても煌めいて素晴らしいプリズムショーだったので、キャストも言ってましたが、オバレとルヰくんも含めた全員でやって欲しいです。
そして、個人的にはRL女子とも…と。これはなかなか難しいとは思いますが。
新作発表なかったのが、残念でしたが次があると信じて!


◆出演(敬称略)
寺島惇太、斉藤壮馬、畠中祐、八代拓、五十嵐雅、永塚拓馬、内田雄馬
武内駿輔
(シークレットゲスト)
小林竜之、高橋 渉、橋本晃太郎、江田拓寛、長谷徳人


(10/29追記)
最後にエンドロールで稽古風景と共に直筆メッセージてBGMが「ドラマチックLOVE」のインストだったんですが、自然と会場全体の合唱になったのにウルってなってしまって…「ドラマチックLOVE」っていい曲ですね。
あといろんなレポ見てて、キンプリでカケルがいつも通り「BOY MEETS GIRL」がいいんじゃない?っていういつもの「BOY MEETS GIRL」からこのライブ始まったんだっていうのを見て…ほんとにそうだなぁとまた色々な発見がありそうです。
是非円盤化して欲しいなぁ。



2018年3月に円盤発売

関連記事
スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。